UFC Fight Night86 ベン・ロズウェル:UFCタイトル戦への道

UFC Fight Night 86's Ben Rothwell fighting to leave UFC no choice but to award title shot

By Brent Brookhouse,John MorganApril 7

クロアチア ザグレブ –

ベン・ロズウェルはヘビー級戦線をゆっくりと歩んできた。最近の4連勝でタイトル戦にほぼ王手をかけた今、UFC Fight Night86でジュニール・ドス・サントスに勝利をすればUFCは彼にタイトル戦を与えざるをえなくなると期待している。

ロズウェル(MMA通算36勝9敗、UFC6勝3敗)はUSA TODAY Sports/MMAjunkieのMMAヘビー級ランキングで4位、ドス・サントス(MMA通算17勝4敗、UFC11勝3敗)は8位。二人は日曜日にクロアチア、ザグレブのザグレブ・アリーナで開催されるイベントのメインイベントで激突する。この試合はUFC Fight Passのプレリムカードの後、FOX Sports1で放送される。

ドス・サントス戦が組まれるまでに長く時間がかかったロズウェルは、FOX18でジョシュ・バーネットに一本勝ちをしてからずっと準備ができていたと語る。

UFC Fight Night86のメディア・デイで語る。「あの試合の4日後、もちろん、大勝利に興奮していたけど、落ち着いて2、3時間かけていろいろと話をした。この試合にとても満足している。俺にとって、試合を受けることは素晴らしいことだ。9週間前も準備ができていた。9週間前にジュニオールと戦う準備が整っていた。だからこの9週間は、どちらかというと怪我をしないように、健康を保って、すでに取り組んでいたことの改善をしていた。今状態が良い。5ラウンド必要ならその準備はできているけど、もっと短い時間で勝負をつけるつもりだ。」

ロズウェルはドス・サントスより上にランクされているかもしれないが、ドス・サントスのベストの状態を想定して準備している。

ドス・サントスは、かつてはヘビー級の誰でも止められないように見えたが、ケイン・ベラスケスがヘビー級王者を奪取することになった対戦の後、2勝3敗と芳しくない状態が続いている。

ロズウェル:「それを悪く見ることはまったくないね。過去の試合は見ないようにしている。ただ対戦相手を、チャンピオンのジュニオール、勝ちまくっていた男として考えているよ。彼は俺との戦いを望んだ。彼は俺が倒したい相手だ。

元王者からの勝利で5連勝となれば、ロズウェルをタイトル挑戦者として否定することは難しくなるだろう。

まさにそれが俺の計画だと、言う。

前回の試合の後多くの人が俺をナンバーワンコンテンダーだと言った。だから、ここでそれが本当だということを確かにするよ。UFCが俺にタイトル戦を与える以外の選択肢がなくなるようにするつもりだ。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中