コーディ・ガーブラント:ブライアン・キャラウェイは「恐れている」

Cody Garbrandt says Bryan Caraway is 'scared,' while Caraway looks up rankings for next bout

By: Ben Fowlkes | June 2, 2016

コーディ・ガーブラントは、彼の次の対戦相手が誰であるべきか、よく分かっている。そして、それは明らかなことだと彼は考える。UFCがFight Night 88で、ガーブラントのメインの試合とブライアン・キャラウェイ対アルジャミン・スターリンのファイトパスのプレリムメインの試合を同時に組んでいる理由が他にあるだろうか。

ガーブラントはMMAjunkieに語る。「そういう意味での試合編成だと思ったし、もちろん、スターリンとキャラウェイの勝者と試合をしたいと思ったていたよ。」

彼には日程と場所もすでに頭にある。彼の地元オハイオ州のクイッケン・ローンズ・アリーナで9月10日にUFCは興行を行う。UFC 203だ。

ガーブラントがそれまで無敗だったトーマス・アルメイダにノックアウト勝利を収めた興行で、キャラウェイも無敗のスターリンにスプリット・ディシジョンで勝利している。そうなると、次に二人が戦うことは理にかなっているだろう。

ガーブラントはそう思っているようだが、一方のキャラウェイは、それほど乗り気ではない。ただ、なぜガーブラントにとって良い話なのかは分かっている。

キャラウェイ:「彼が俺と戦いたい理由はよく分かるよ。この階級の誰もがそうなように、彼は王者のベルトを見据えていている。ランキングを上げる試合をして、そこに近づこうとしている。ただ同じように、俺もランキングを上げる試合がしたい。」

キャラウェイの見方では、彼はすでにUFCバンタム級タイトル戦を得るためのことを十分にしたと思っている。UFCランキングで4位だった選手から勝利し、前回の投票の結果、彼自身が4位になっている。UFC 199で行われる王者ドミニク・クルーズとユライヤ・フェイバーのバンタム級タイトル戦の勝者と戦えないのなら、せめてランキングで自分よりも上の選手と戦いたいとキャラウェイは語る。

キャラウェイ:「自分より上の選手と戦いたい。フェイバー対クルーズの勝者を望んでいる。ランキング4位と6位の選手を倒したことで、すでに世界タイトル戦を手に入れたと思っている。前の2試合でガーブラントが倒した相手よりもランキングで上の相手を倒している。彼にぴったりの相手はドッドソンだと思う。ものすごい組み合わせだし、彼らはランキングで隣同士だ。これは理にかなっているよ。」

それでもガーブラントはこのランキングのロジックに左右されない。そして、キャラウェイが彼のことを格下に扱おうとすればするほど、ケージで対峙したいという気持ちが高まるという。

ガーブラント:「彼は俺との戦いは後退だって言いたいようだけど、それは違うね。彼はただビビっているだけだ。俺との戦いを恐れている。俺のことを尊敬させたいね。スターリン戦では良い戦い方をして巻き返したけど、俺はレベルが違うから。後退だっていうのにはムカついたよ。本当に頭にきたから、奴の首をとりたいね。」

しかし、キャラウェイはガーブラントがファイターとしての後退だとは決して言っていないと断言している。ただランキングでの後退だという話だと。

キャラウェイ:「俺はただ自分よりランキングで上の選手と戦いたいって言っただけだ。彼だって同じだ。もし俺が13位とか14位とかだったら、ブライアン・キャラウェイと戦いって言って走り回ったりしないだろ?」

ガーブラントにとっては、選手名の隣のランキングの数字は、試合での業績や戦いの質に比べて意味をもたない。スターリンに接戦の結果スプリット・デシジョンで勝利したことが、キャラウェイに次のタイトル戦の資格を与えるものだとは考えていない。

ガーブラント:「彼はランキングを維持したくて、トップファイターとは戦いたくないんだ。この前はエディ・ワインランドに勝っていたけど、長い欠場明けの選手だった。俺はランキング外だった時にトップ10ファイターとの試合を要求していたけど、なかなかそうはならなかった。ようやくその機会を得て、それで俺が対戦相手に何をしたかを見て欲しい。キャラウェイ戦の資格があると思っているよ。」

ガーブラントに彼は恐れていると言われても、クリーブランドで開催されるUFC 203で二人が戦ったら彼がノックアウトされると言われても、キャラウェイの心が乱されることはない。

キャラウェイ:「この階級の誰でも俺をノックアウトできると思うけど、同時にどの選手との試合も恐れていないよ。どうやら俺の過去を知らないようだね。怖い相手がいるようじゃ、ルールがほとんどなかった昔の時代のグローブなしのNHB(ノールール)とかバーリトゥードゥ(何でもあり)の試合はできないよ。馬鹿げてるよ。誰かを恐れていたら、今の俺はこの位置にいないし、この経歴もないよ。そういうものだよ。」

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中