ヴィダリー・ミナコフ:ベラトールとの契約紛争のためUFCデビューが遅れる

http://www.bloodyelbow.com/2016/9/15/12927102/vitaly-minakov-contract-dispute-with-bellator-delaying-ufc-debut-mma-news-russia

– ベラトール前ヘビー級王者ヴィダリー・ミナコフ、未だにUFCと契約を結んでいない理由が、所属団体との契約紛争であることを明かす –

ヴィダリー・ミナコフは、ベラトールの妨害がなければ、すでにUFCで戦っている。

BloddyElbowのカリム・ジダンは、ミナコフのUFC移籍が2017年になりそうであることを確認している。前ヘビー級王者は、ロシアの新聞izuvestia.ruの取材を受け、そうなりそうであることを明かした。しかし、ベラトールの「妙な」行動のため、移籍がいつになるかは定かでないという。

ミナコフ:「ベラトールと交わした契約は、試合数ではなくて、3年間という期間での契約だった。3年が経過したけど、ただその時俺は王者だった。契約選手が王者の場合、ベラトールは6ヶ月の契約延長を1回、3ヶ月の延長を2回行えるという権利がある。そして彼らはその権利を行使した。」

「俺のベラトールとの契約はあと数ヶ月で満了する。ところが、彼らは妙な行動に出ている。俺がベラトールであと数試合しなければならない、という主張をしているんだ。契約書には試合数については何も書かれていない。今弁護士が調査をしているところだ。」

ベラトールは2016年5月にライト級王者ウィル・ブルックスをリリースしているが、その際、ブルックスは直ぐにUFCとの契約を結んでいる。ベラトールはミナコフが2014年から防衛をしていなかったヘビー級のタイトルを剥奪するものの、リリースをしないという選択をしている。ミナコフは交渉の戦術が行なわれていることを理解しているが、それでも自身の進む先はUFCであるという気持ちは揺らいでいない。

「一つ言えることは、ベラトールとの契約が満了になったら、『フリーエージェント』でいることは1日もないということだ。近い将来、世界のメジャー団体の一つと新しい契約することになる。」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中