コナー・マクレガー:全UFCファイターを非難。「皆不平を言うだけ」

http://www.mmafighting.com/2016/10/31/13481888/conor-mcgregor-calls-out-ufc-roster-all-they-do-is-complain-nobody-is

by MMA Fighting Newswire Oct 31, 2016, 7:00p

Conor McGregor hard sparring while filming UFC 205 Countdown show: The Mac Life series 2

コナー・マクレガーと同じだけ稼ぎたければ、コナー・マクレガーと同じ仕事をしなければならない。

アイルランド人ファイターのマクレガーは、UFC 205の王者対王者のスーパーファイトでエディ・アルバレスのライト級タイトルに挑戦する。彼は、月曜日、YouTubeチャンネルに投稿したThe Mac LifeでUFC全ファイターへ怒りをぶつけた。

マクレガーは、2階級制覇でUFCの歴史を作るという挑戦のなかで、対戦相手にアルバレスを選んだ特別な理由があるか問われ、シンプルに「ノー」と答える。しかし、マクレガーの答えはそこでは終わらなかった。矛先は、彼のライト級タイトル挑戦に不満の述べるファイター達に向かった。

マクレガー:「いや、アルバレスに特別な理由はない。単に彼がベルトを持っているからだ。それだけだ。それ以外の理由はない。この試合の後は、次の相手を探すのに苦労するだろう。この後にいったい誰がいる?いつもいつも試合をして、毎回毎回試合に出ているファイターはいるか?」

「みんな俺が口だけだって言うけど、俺から言わせればあいつらこそ口だけだ。俺は毎週ここで戦っている。俺より3倍もでかい相手とも戦って、またここに戻ってきた。奴らは不満しか言わない。文句ばかり言っている。この金が欲しいか?俺が得たものが欲しいか?だったら仕事をすべきだ。俺が見る限り、誰もそういう仕事をしていない。みんな喋るだけだし、コナーが得ることができたから、俺もそれを得るべきだって考えている。いや、間違っているよ。俺はいつも与えられていたわけじゃない。俺には与えられる理由がある。俺は金を得るために必死に頑張らなければならなかったし、あいつらが喋ってる間も、ここで仕事をしている。」

マクレガーは、UFC 202のネイト・ディアスとのウェルター級の試合をマジョリティ・デシジョンで勝利し、今回155ポンドでベルトに挑戦する。UFC 202はUFCのペイ・パー・ビュー記録を塗り替えた大会だ。UFC 205での次戦は、マクレガーにとってUFCで初のライト級の試合になる。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中