ラシャド・エヴァンス:UFC 205欠場について説明

http://www.mmafighting.com/2016/11/8/13567946/rashad-evans-explains-why-he-was-pulled-from-ufc-205

by Ariel Helwani@arielhelwani Nov 8, 2016, 4:45pm EST

ニューヨーク—

ラシャド・エヴァンスが夢を実現する日まで、あと4日と迫っていた。

ニューヨーク州ナイアガラフォールズ出身のエヴァンスは火曜日の午後、フロリダからニューヨークに向かう飛行機の中にいた。土曜夜、マジソン・スクエア・ガーデンでティム・ケネディー戦が行われる予定だった。

その夢は突然消滅することになる。

エヴァンスは、機内でニューヨーク州アスレチック・コミッション(NYSAC)からのメールを受信し、それは11月12日のケネディ戦のライセンスが与えられないことを知らせるものだった。

エヴァンスによると、10月19日のMRIで「不規則な結果」が出たため、NYSACからさらに検査をするように求められ、その後その検査はパスしたという。

エヴァンスは、その健康問題が何であるのかのコメントを控えているが、問題はないと考えていたという。しかし、その後、火曜日に例のメールを受信することになる。

エヴァンスはMMAFighting.comに語った。

「がっかりしているよ。俺は健康だし、誰にも心配をかけたくないよ。俺の体に問題はないよ。今までで一番調子がいいくらいだ。これは、コミッションと彼らのルールの問題なんだ。どうやら、この件に関して、彼らには全く許容範囲がないようだ。」

UFC 205でミドル級デビューを果たす予定だったエヴァンスの現在の体重は196ポンド。エヴァンスは火曜日に味わった失望のために戦いを止めることはないという。実際、UFCが12月に彼の試合を組むことを希望している。

エヴァンス:「ティム戦に特別な準備をしていたっていうのに。それでも、俺が戦いを求めているという事実は変わらない。俺の戦いの何かを変えるものでもないよ。」

一方、ケネディーについては、 UFCの今後の動きは明らかでない。MMAFighting.comが最初に彼の運営チームに連絡をした際、彼らは試合がなくなったことを知らず、ケネディーもまた飛行機に乗っていてそのことを知らなかったという。ケネディーはニューヨーク到着後にそのニュースを知ることになる。

エヴァンス(37)は、土曜夜、新しい階級で2連敗から脱出することを狙っていた。そして今大会たった二人のニューヨーク出身の出場者の一人として(もう一人はクリス・ワイドマン)、多くの家族や友人が会場での観戦を予定していた。現時点では、エヴァンスはニューヨークに滞在し観戦をするか、フロリダの自宅に帰るか決めていないという。

エヴァンス:「人生では、次から次へと困難が訪れる。そんなことにへこたれないよ。」

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中