ユライア・フェイバー:引退試合後、ドミニク・クルーズと和解

http://www.mmafighting.com/2016/12/18/13997206/urijah-faber-dominick-cruz-mend-fences-after-ufc-on-fox-22-retirement

by Shaun Al-Shatti@shaunalshatti Dec 18, 2016, 6:00pm EST

 

ドミニク・クルーズとユライア・フェイバーは、過去10年に渡ってお互い罵り合ってきた。二人の最初の試合となったWEC 24の大会ポスターにクルーズがサインをする際、フェイバーの顔の上に自分のサインをしたことがきっかけだった。しかしこのライバル関係も終りを告げる。

フェイバーがUFC on FOX 22での引退試合を勝利で締めくくった後、この二人のバンタム級のレジェンドはFOX Sport 1のポストファイト・ショーで共演し、過去を振り返った。その最後に、クルーズはフェイバーに関係修復のための最後のギフトを手渡し、悪化する前の状態に関係を戻すことになった。

クルーズはフェイバーにこう話す。

「俺たちはすごく成長した。俺がこれを始めたのは2007年、21歳の時だ。あの時はパジャマのズボンを履いて会場に来ていたよ。なぜなら、それしか買う金がなかったんだ。ヘアカットの金なんてもちろんなかった。あの時の映像をみたらわかるけど、俺はロイド・クリスマスみたいな髪型だった。今回は、ちょっとしたギフトを持ってきたよ。受け取ってほしい。」

クルーズが持ち出した無地のポスター用の筒を見て、フェイバーはこう返す。

「おいおい、俺の顔の上に書かれてるやつの予感がするな。」

クルーズ:「そうじゃないよ。確かに、そこから始まったんだ。でも、最後は違うよ(顔の上にサインをしたものではない、別のポスターを用意していた)。」

クルーズとフェイバーは過去10年、ケージ内で計51分という時間を共有し、さらに数え切れない時間数をお互いの口撃に費やしている。長い間、彼らのライバル関係はバンタム級を象徴するものだった。それでも、格闘技の世界でも、楽しい時間には終わりやってくるものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中